第七回、川崎郷土・市民劇「日本民家園ものがたり」水野拓児が出演辞退。

作家の小川信夫先生からの 情熱だらけの出演オファーありまして。 泣かせ文句と殺し文句で 泣きそうになるくらい 送られてきた台本には ラブレターを超えた ほとばしるラブの付箋がびっしり。 川崎市民劇は 第2回目から参加させてもらって いつもいい役を頂戴していました。 が。 やっぱり5月の本番で ゴールデンウイーク(たぶん稽古)があって 次の週末…

続きを読む

こんなん見たら芝居作れないよ!劇団チャリT企画「パパは死刑囚」丸尾聡氏、出とる!

芝居って行きたくない。 高いし、遠いし、7割つまんないし。 って、お前が言うなという話ですが。 なぜか今回は、次々回にまた書き下ろししてくれる、 最近役者づいてる劇作家、丸尾聡氏出る! ってことより、タイトルにひかれて 積極的に見に行った、ザ高円寺での「パパは死刑囚」。 主催は知らなかったけど劇団チャリT企画というところ。 とても複雑で深刻な問題ですが、そ…

続きを読む

障子を張り替える。芝居を見直す。ラニョミリで。なんてね。

障子(しょうじ)を張り替える。 ローンの残っている僕のマンションも 10年くらい障子を張り替えていないので 買いに行ったら ないのよねえ。 近くのオリンピックでも。 10年前に、姉ちゃん来るからと いそいそ一人で張り替えたのが懐かしい けど、 ないのよねえ。 結局Amazonだ。 時代は変わる。 芝居やってそのザグミザグミで感動している場合じゃ…

続きを読む